自営業住宅ローンは審査が厳しいの?

自営業の方が住宅を購入する際は、自営業住宅ローンとして、一般の住宅ローンを組むようなサラリーマンとは違う基準で審査されます。
普通の住宅ローンで有れば、収入と勤務実績を確認されて、基準をクリアしていれば住宅ローンを組む事が出来ます。
しかし自営業の方は、どこの金融機関でもほとんど同じで、先ずは最低3年間の貸借対照表と損益計算書の提出と、収入証明書と所得証明書を確認されます。
確認されるのは最低3年間事業が黒字であるかどうか、と有る程度自分が収入を得ているかどうかの確認です。
数十年支払ってもらわなければいけない住宅ローンにとっては、安定して収入を得られている事を確認することが必要です。
ですから最低3年間は事業として黒字で、自らも一定の収入を得ていないと、住宅ローンを組むわけにはいかないのです。
この基準をクリアして初めて住宅ローンの審査に通り、晴れて自営業住宅ローンを組んで住宅を購入することが出来ます。
自営業の住宅ローン審査で年収基準が甘い銀行は?