カードローンの審査に通りやすい条件は?

カードローンの審査には優先順位や重要項目があります。
基本的には契約者の属性がハッキリと分かるもの、確実な裏付けが取れるもは重視される傾向があります。
加えて金銭貸借の契約であることから収入面も優先されます。
審査に通りやすいのは保険種別が社保であること、勤続年数や居住年数などの実績です。
社保は会社員であれば加入しているものなので、安定した収入の目安になります。
業種の差や会社のネームバリューは重視されませんが、どれだけ勤めているかで安定度をチェックしています。
必ず年齢は記入するもので、この年齢と勤続年数から大よその離職度もみえてくるのです。
また、勤続年数が1年に満たない場合も、審査に引っ掛かることがあります。
居住年数も同様に住まいの形態と年数から契約者の生活の安定度をみています。
逆に収入面は裏付けがしにくいもので、各社の社内基準にもよりますが、高額の融資の申し込みでない限り収入証明書の提出は必要ありません。
50万円以下の融資であれば、勤続年数と社保が与信のベースになります。
今すぐ借りれるカードローン!ネット完結【24時間土日祝日OK】